更年期のすごし方

更年期、閉経前後の10年ほどはさまざまな不調があらわれる場合があります。これが更年期障害です。更年期を健やかに過ごせるためのセルフケアや対策を紹介していきたいと思います

更年期初期に起きやすい症状

あくまでも一般的な傾向ではありますが、更年期の症状として最も最初に現れるのが生理不順であるといわれています。もともと28日周期を刻む生理のリズムですが、これが艮くなったり、逆に知くなるなど、周期が乱れ始めるわけです。
また、経血が少ないときもあれば少量の出血がつづくこともあります。この傾向が現れる年齢には個人差がありますが、早い方の場合、アラフォー世代に既にみられることもあります。生理不順の次に現れる傾向の高い症状は、ホットフラッシュと呼ばれるものです。ホットフラッシュとは、更年期障害の代表的な症状のひとつであり、卵巣の機能低下によるエストロゲンの分泌量減少から、血管の収縮や拡帳の制御を司る自律神経の乱れを原因として起こります。

実際の症状としては、突然の多汁やほてり、手足の冷え、動悸などを挙げることができます。ホットフラッシュは、一般に40代半ばから見られる症状です。40代後半を迎えると、火然気分がふさぐ、眠れないなどの精神的な症状が出る場合があります。これもエストロゲンの減少と大きなかかわりがあります。エストロゲンは、感情や情動を制御する働きがあることから、これが減少することにより、精神的に不安定な状況を招くことがあるわけです。

何歳で閉経になる?閉経年齢はわかる?

日本人女性の閉経は、平均が50歳から51歳。45歳から55歳までは通常の閉経年齢と考えていいと思います。

でも日本女性の長寿を考えると、40代で閉経してしまうのは不利です。閉経は遅いほうが有利。エストロゲンが少しでも長く分泌されたほうが、女性の健康と美容にとってありかたいのです。

閉経期は卵巣がん、子宮体がん、乳がんが増加します。骨粗しよう症、アルツハイマーは閉経後に多く現れ、エストロゲンは脳細胞に対する保護効果もあることがわかっています。

閉経年齢を予測するのは、親の閉経年齢が参考になります。

また、閉経が近づいてくれば、急にホルモン値が下かってくるので症状も現れますし、血液検査をすればだいたいのことはわかります。


年齢とともに自信がなくなった...

「ダイエットしたけど年齢とともに痩せにくくなった」

「流行っているけれど酵素ドリンクは飲みにくくて…」

「20代の頃のようなスリムな体型に戻りたい!」


ダイエットに悩みを抱えている人にオススメなのが【厳選生酵素】です。

体調を整え健康でキレイなカラダづくりに欠かせない酵素。実は年齢と共に減ってしまうんです^^;

30代・40代になって若い頃のようにスッキリできないのは酵素不足が原因かもしれません。

◆生だから実感力が違う!

外から酵素を補うためにドリンクやサプリを手にとってもイマイチ実感が…。
という方は気をつけて下さい。

「その酵素は『生』ですか?」

酵素は熱に弱くわずか48℃でそのパワーを失ってしまいます。

だから酵素は『生』であることが最重要!!

厳選生酵素】は120種類の植物を時間をかけてじっくり丁寧に発酵熟成。

さらに特殊低温カプセル製法だから「生きたままの酵素」をお届けできるのです。

厳選生酵素購入はこちら


厳選生酵素の口コミ

『「ママキレイ」って言われて、小さくガッツポーズしちゃいました♪』

30代半ばになってからお腹まわりや背中にお肉がついてきました。二の腕もたるんできて、好きなノースリーブを着れない時期も…。食事制限なども自分なりに頑張ってみたのですが、なかなか思うように減りませんでした。やっぱり歳をとると落ちにくくなるんですね…。
今まで他の酵素商品も試してみたのですが、なかなか実感できなく今回「厳選生酵素」をはじめてみて、今までにはなかった感覚でした!運動と合わせて毎日続けたところたった2ヵ月で実感できました♪
子供に「ママキレイ」って言われて、小さくガッツポーズしちゃいました(笑)このまま続けて目標体重まであとー3キロ目指します!

東京都 さゆり様 41歳


『やっと自分にぴったりの商品「厳選生酵素」に巡り合えてうれしい!』

とにかく20代の頃から食べることが大好きで、仕事のストレスは全部「食」にいってました。20代の頃は、それでもなんともなかったのですが、30代になってからは代謝が落ちたのか食べれば食べる分だけお肉となってのっかってきました。そりゃそうですよね。(笑)会社の健康診断で体重を知り唖然となりました。
それからは、頑張ってジムに通ってた時期もあったのですが、続かず、リバウンドの繰り返し。ずっと自分のニーズに合う酵素サプリはないか探していました。
やっと自分にぴったりの商品「厳選生酵素」に巡り合えてうれしい!の一言です!少しずつ自信を取り戻せてきたので食事にも多少は気を使いながら続けます♪

千葉県 E.U様 37歳


『毎朝スッキリも実感!40代の今が1番楽しいです』

まわりにモデル友達が多く、40代になっても50代になってもイキイキと輝いている友達をみてずっと羨ましいなぁ~と思っていました。自分には無理だと思ってましたから。
でも「厳選生酵素」を知って騙されたと思ってはじめてみましたが、本当驚くほどスリムが実感できたんです!毎朝スッキリを感じることもできますし、なかなか自分では補えないスーパーフルーツや野菜類をちゃんと補えることができるからこその実感だと思っています!
ちゃんとスリムをキープしたいと思って、今では主人を誘って毎週末公園を歩いて軽い運動しながら「厳選生酵素」を続けています!お陰で主人との会話も増えました(笑)
正直、40代後半になった今、楽しくてしょうがないです!

山梨県 北河様 48歳



トイレが近い、ついもれてしまう

健康人の排尿回数は、24時間で4~6回、就寝後(寝ている間)はO~1回です。トイレが近くて、1日に10回以上、また就寝時に2回以上トイレに起きるなどは、頻尿です。また、突然トイレに行きたくなって我慢できずちびってしまったり、くしゃみをすると少し尿がもれてしまったりする人もいます。
笑ったり、重い荷物を持ったり、くしゃみをしたりして、おなかに力が入ってし舌つことで尿がもれる場合を、「腹圧性尿失禁」といいます。

また、トイレに行きたいと感じてトイレに行く前にちびってしよう場合を「切迫性尿失禁」といいます。

膀胱の収縮性の低下も女性ホルモンが影響膀胱の伸縮性は、年齢とともに低下していきます。特に外陰部、膣などは、女性ホルモンの低下に敏感に反応しますが、膀胱も同じです。また、女性ホルモンが低下すれば、徐々に、膀胱や膣を支えている骨盤底筋という筋肉の力も低下してしまいます。

膀胱は、女性ホルモンが低下すると、粘膜の厚みやふっくら感がなくなります。すると、トイレも近くなりやすくなります。それだけでなく、粘膜の菌に対する抵抗力も落ちて、膀胱炎を起こしやすくもなります。さらに、神経が過敏になると、ちょっとした刺激で尿意を感じたりします。そして、支えとなる骨盤底筋が緩めば、トイレを筋力で我慢させることが難しくなるのです。ストレスで神経が過敏になって、緊張が膀胱に伝わり、すぐに尿意をもよおす人もいます。ひどければ過活動膀胱といい、自律神経失調症のひとつです。緊張場面になると、トイレへ行きたくなり、ちびっでしまったりするのです。

「腹圧性尿失禁」は、おもに骨盤内にある膀胱や子宮を支えている筋肉が弱くなって起こります。「切迫性尿失禁」は、尿意をもよおすと自動的に膀胱が収縮してしまう状態です。脳障害の後遺症で起こることもありますが、加齢によってなぜそうなるか原因不明のことが多いのです。

筋肉を鍛えることでかなり改善される

●骨盤底筋の体操は効果的
頻尿や尿もれがあると、なんだか年を取った感じがして、ショックですね。でも、これらの症状もちょっとした工夫で意外と簡単に治ります。トライしてみてください。ます簡単にできるのは、骨盤内の膀胱や尿道を支えている筋肉、骨盤底筋を鍛えることです。簡単な体操ですのでやってみましょう。

ます、全身の力を抜いて、肛門と膣を10秒間縮めてみてください。おなかや足に力を入れず、肛門と膣だけに集中して、ゆっくりジワジワと力を入れるのです。これを数回くり返します。最初は、椅子に座って行ってみると、感覚がわかりやすいかもしれません。くれぐれもほかに力を入れないように。慣れてきたら、駅で電車を待っているときや家事の合間でも行えます。

筋肉を鍛えることは、どんな年代にとってもアンテエイジングに役立ちます。特に、骨盤底筋は、意識しなければ鍛えられない筋肉です。

素質もありますが、意識している人とそうでない人では、加齢によって差がでてきます。適切なアドバイスをしてくれる泌尿器科や婦人科の専門医が身近にいるといいですね。

自己嫌悪に陥ったり、心配するだけでなく、前向きに症状を改善していきましょう。このような症状は、割とだれにでもよくあることです。身近な友人に聞いてみて。同じ悩みを持っている人がいるはずです。そうすれば、女性として経験を共有できて、安心できるかもしれません。